不動産の印紙税

 土地や住宅を購入する時には、売買契約書を取り交わしますが、契約書には必ず印紙を貼って、消印をします。これが印紙税の納付です。売買契約書は本来2通作成し、それぞれに印紙をを貼り、売主と買主が保管することになりますが、通常、印紙代の節約のため、売買契約書を1通作成して、印紙代金は売主・買主で折半します。契約書の原本は買主が、写し(コピー)を売主が持ちます。

不動産の譲渡に関する契約書の印紙税額表

平成13年3月31日までの間に作成される売買契約書について適用される
印紙税の軽減特例による軽減後の印紙税額を示しています

契約書記載金額 印紙税額
1万円未満 非課税
1万円以上10万円以下 200円
10万円超50万円以下 400円
50万円超100万円以下 1000円
100万円超500万円以下 2000円
500万円超1000万円以下 10000円
1000万円超5000万円以下 15000円
5000万円超 1億円以下 45000円
1億円超 5億円以下 80000円
5億円超 10億円以下 18万円
10億円超 50億円以下 36万円
50億円超 54万円
金額の記載のないもの 200円
※次の契約書等については印紙税は課税されませんので、印紙を貼る必要はありません
  • 質権・抵当権の設定、または、その譲渡に関する契約書
  • 建物賃貸借契約書または、使用貸借にかかる契約書
  • 委任状または委任に関する契約書(例 媒介契約書・売買委託契約書)


売買契約のアドバイス:契約の流れ | 契約の注意事項 | 売買にかかる諸費用 | 売買の仲介手数料 | 不動産簡易査定法
賃貸借契約のアドバイス:下見チェックポイント | 賃貸借契約の流れ | 賃貸借契約時の必要なお金・書類
住宅ローン:住宅ローンの申込基準と必要書類 不動産の税金:不動産の印紙税 | 不動産と消費税